戻る

 

コレクション一覧表の存在意義って?

 

2001年1月24日

私のサイトは『素朴な疑問』や『顔文字』、『エッセイ』や『映画や漫画などの感想』、など色々なコンテンツがありますが、この中でもメインの項目は、一応『ゲームのルーム』となっています。
なので、基本的にこのサイトはゲームの紹介&感想、用語辞典を中心に随時(というほど頻繁でもないけど)更新しています。
しかし、『用語辞典』の単語の場合はほとんど自分の記憶と文章のみで作成しているんで特に問題は無いんですが、ゲームの紹介&感想の項目の場合、昔のゲームを紹介する時などは他のゲームと記憶がごっちゃになる場合も多く、『あれ?このゲームってこんなんだったっけ?イマイチ自信無いなあ……』という事も珍しくないです。
なので、あまりプレイした事のないタイトルのゲームや、プレイした当時の記憶が曖昧なゲームの場合、参考の為に1度ネット上でそのタイトルを検索して、画面写真や他の人のレビューなどを読んでそのゲームを思い出す、という事をたまに行います。
で、そのゲームタイトルのでの検索なんですが、私のようにマイナーなゲームのレビューなどから情報を仕入れようとしてキーワード検索を行った場合、きまってやたら引っかかるのが『所有している基盤やソフトのリスト』という項目。
ほら、いわゆる『私が今所有しているゲームソフトの一覧表です』や『私が集めているソフトのリストです』と名打って、ゲームのタイトルがズラッと並んでいるリストなどの事です。ここに掲載されているタイトル名が検索した時のキーワードに引っかかるんですよね。

しかしながら思うんですが、こういう『自分の所有品のリストなどを展示している』というサイトって、なんでこんなに沢山存在するの?といささか疑問に思うんですよ。
というのも、こういった自分の所有しているモノのリストというのは、いうなれば自分のコレクションを展示しているともいえるじゃないですか。
でも、そういったコレクションを展示するのって、現物があってこそそのコレクションを見せる価値があるのであり、単に自分のコレクションしたモノの名前だけがズラッと一覧表式に並んでいるのって、はっきりいって『展示する意味無いんじゃない?』と感じます。いうなれば生きた魚はいなくて写真とイラストしか展示していない水族館みたいに。
代表的なのが、『私の所有しているソフトをここに展示します』というタイトルで、その下には延々とゲームのタイトル名が書いてあるだけ、そして他には名にも説明は無しというサイト。
これって読んでて楽しいって人いるのかな?
例えばテレビや雑誌などで凄いコレクターなどの紹介をする場合、ほぼ必ずその人のコレクションが保管されている部屋、あるいは現物をスタジオまで持ってきて映像で紹介するもんなんですが、これが単に所有者を招いてのインタビューだけされても全然面白くないと思います。
なもんで私の場合、こういうネット上で掲載されているコレクションの名前のリストなんか見ても、はっきりいってぜ〜んぜん楽しくないんですよね。
もちろん個人のWEBサイトというのはあくまで商用目的ではないので、『見てくれ!俺はこれだけのソフトを持っているぜ!』のように、自己満足的に使うという事自体は特に問題無いのは確かなんですが、それでもインターネット上のWEBページという、不特定多数の人達が訪れるという形で提示するからには、やはりそれなりに他の人が見ても少しは楽しめるような構成にしてほしいなあと思います。
例えばそのタイトルの発売日、メーカー、定価、パッケージや説明書の写真などの細かなデータも一緒に載せたり、そのソフトに対する一口コラムやおもしろ経験談などを付加したりなど。
そういった色々な付加情報などがあったりすると、そこに現物が無くてもそのソフトの細かなデータを知ったり文章を読んだりなど、ある程度は楽しむ事が出来るんですが、そんな現物も無いのに『自分はこれだけのソフトを所有しています』といってそのタイトルの名前だけをネット上で延々と並べられてもねえ……。
読んでてつまんないです。というよりも、こういうサイトは再び訪れる気になりません。タイトルだけ見せられても全然面白くないし。
でも本当に、こういうサイトってなんであんなに多いんでしょう?
マイナーゲーム情報を調べる時に検索すると、大体3分の1くらいはこういうサイトが引っかかります。
展示している人はどのような考えで展示しているんでしょうか。やっぱ自分のコレクションを人に見せたいからなんでしょうか。

まあ、これはあくまで私個人の意見なので、もしかしたら他の一般的な意見としては違っているかもしれません。なので、このタイプのサイトを運営している人は、気を悪くなさらないで下さい。
それに、大して人の来ないサイトを運営している私が、あまり偉そうな事もいえませんし。
でも、一般的な意見としてはどうなのかというのが、少々気になりますけど。