戻る

柔道に関するエッセイを書いてたら、なんとなく描きたくなって描いてしまったラフ絵。 イメージ的には、試合開始直後ですか。
試合で自分のビビりがちな緊張を打ち消すのと同時に、相手に呑まれないようにするために、開始直後にこんな風に気合を出して相手を威圧するんですね。 私もよくやったものです。 
リアル等身の柔道家を描いたつもりなので、足が短いです(笑)
ただ、道着のシワと両腕両手の立体感がムチャ変だし、顔はあんまりいかつい感じにできなかったと、相変わらずダメダメでヘタだなあ。
にしても、なんとも暑苦しくてムサ苦しい野郎ですな。 なんだか昔の自分を見ているような気分。 なんかこの絵を見ていると、もう一度柔道をやりたくなってくるなあ。
047.jpg (57533 バイト)