戻る


  無限1UP

『無限増殖』の類語で、残機を無限増殖させる事。
特定の操作を繰り返す事により残機を無制限に増やす。
『スーパーマリオブラザーズ』の無限1UPは有名である。
ちなみにこのゲームではあまり沢山増やしすぎると残機が1機になってしまうというリスクもあった。


  無限コンティニュー

意味は文字通り、無限にコンティニューが可能という事。
主にアーケードから家庭用ゲーム機に移植されたゲームでよく使われる。
大抵のゲームでは最初から無限コンティニューを出来るようになっているが、しかし中には総プレイ時間が一定の値まで達した時、もしくは特定の条件を満たした時に初めて無限コンティニューが可能になる、という方式をとっているゲームもいくつかある。


  無限コンボ

対戦格闘ゲームにおいて、無限に繋がる連続技の事。『永久コンボ』ともいう。
これは存在するだけでゲームバランスがめちゃくちゃになるので、仮に存在しても対戦では断じて使ってはならない。
使うとなれば、CPU戦だけにとどめておいた方が懸命である。


  無限増殖

ゲームにおいて、残機やアイテムなどを、無限にもしくはそれに近いくらい増やす事。 あるいはそれを行うための方法。
有名な所として、『スーパーマリオブラザーズ』のマリオ無限増殖や『ファイナルファンタジーX』のアイテム無限増殖、『聖闘士星矢 黄金伝説』の無限経験値アップ、などがある。 ちなみに残機を増やす無限増殖は、『無限1UP』とも呼ばれる。
基本的に数に限りのあるもしくは所持数に制限のあるモノを無制限に増やすわけなので、あまり気軽に行うとゲームバランスが崩れて面白くなくなってしまうことがある。


  無限ループ

ゲーム中に、先に進む事が出来ずに同じ地点をぐるぐる回っている状態の事。
例えばある一定の地点まで来ると自動的に少し地点まで戻されてしまうなど。
いってしまえば、ある地点で一定の条件を満たさない限り、ずっとそこから先に進めないという状態になる事である。
『ループゲーム』と基本的に同じ意味だが、こちらは全体ではなく一部のみがループする場所を指していう場合が多い。
基本的に『無限ループ』はめったに使われることはない。
ゲームによってはまれにバグによってこういった現象になる事もあるが、これは厳密には『無限ループ』とは言わない。
代表的なのは一定のルートを通過しないとスタート地点近くまで戻される『スーパーマリオブラザーズ』の8−4や4−4、エリア内の謎を解かないと先に進む事が出来ない『スーパーゼビウス ガンプの謎』、パーツを100個集めないとラスボスまで辿り着けず同じステージが延々と続く『頭脳戦艦ガル』、一定の地点を通らないと最初の地点まで戻される『ドラゴンクエストU』のロンダルキアの洞窟、など。


  無造作に近寄ってくるCPU

対戦格闘ゲームのCPU戦で、CPUの操作するキャラがなにも技を出さずに無造作に近づいてくる事。
格闘ゲーム全般で見られる現象だが、特に高次面でのCPU戦でははっきりいってたちが悪い。というか、むちゃくちゃ腹が立つ行為。
というのも、多くの格闘ゲームではCPUのキャラが無造作にこちらに近寄って来た時は、ほとんどの場合は投げを狙って来ているので、じっとしていると相手の投げをくらってしまう。
しかし、投げを食らわないために反撃しようとしても、相手はこちらの行動に的確に反応するCPUキャラなので、こちらの攻撃に対してきっちりとガード、あるいは無敵技や出の早い技で反撃してくる。
じゃあ逆に投げ返してやろうと思って投げを入力しても、相手はこれまた完璧なタイミングで投げを行うCPUキャラなので、タイミング命の投げ合戦で勝てるはずも無く、ほぼ確実に投げ負ける。
なので、おそらく対戦格闘ゲームのCPU戦でもトップクラスのいやな攻撃の一つだろう。
例:『KOF98』でダッシュしてきての紅丸コレダー(またはエレクトリッガー)を狙う二階堂紅丸、同様に爆弾パチキを狙う山崎竜二、ローリンググレイドルを狙うクラーク、シェルミースパイラルを狙うシェルミー、またその他コマンド投げを持つキャラ達。
他にも『ストU』シリーズでツカツカ近寄って投げてくるべガ、スクリューパイルドライバーを狙ってくるザンギエフ、『ファイターズヒストリーダイナマイト』でツカツカ近づいて真空一本背負い、超山嵐を狙ってくる嘉納亮子など。


  無敵必殺技

対戦格闘ゲームなどで、自キャラのやられ判定がなくなる状態、いわゆる無敵になる状態が存在する必殺技の事。
例:『ストU』の昇龍拳、サマーソルトキック
  『餓狼伝説スペシャル』のライジングタックル、昇龍弾、タイガーキック
  『ファイターズヒストリーダイナマイト』の虎龍砕、穿弓腿
  『KOF』シリーズの超必殺技
  など。
おおよそ対空系の技や超必殺技などに多くみられ、特に通常必殺技で無敵技を持っているキャラは、持ってないキャラに比べて防御面で有利になる。
ただ、最近では通常の無敵必殺技を持っているキャラは少なくなり、その代わり超必殺技などは軒並み無敵必殺技になっている場合が多い。


  無敵技

対戦格闘ゲームの技の一種で、技を出したキャラの攻撃判定は存在してもやられ判定は存在しない状態になる技の事。主に対空技や、超必殺技などに導入されることが多い。
分かりやすい例として、『ストリートファイターU』の昇龍拳。
この技は上昇中は完全にキャラのやられ判定が無いという、いわゆる完全無敵状態になるので、上昇中は相手がどんな技を出してこようとも絶対にそれらの技を食らう事は無く、逆にこちらの攻撃は一方的にヒットさせることが出来る。
また『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの超必殺技の場合、特定の技の中には発動して一定時間(数瞬)無敵状態になるものが多く、相手のラッシュに割り込んだり、また相手の技をスカして当てる、といった形で使うことも可能である。
『無敵技』は自分は攻撃を受けることは無く一方的に相手を攻撃できるという非常に使える部類の技なのだが、やはり世の中そう甘い話ばかりではなく、こういった『無敵技』はほとんどの場合大きな欠点が存在するもので、これによりゲームのバランスがとられている。
例えば『昇龍拳』の場合、上昇中は確かに完全無敵だが攻撃判定自体はあまり大きくはなく、また下降中は逆に完全に無防備状態となるので、相手にガードされてしまうと一転して大ピンチに陥るようになっている。
サマーソルトキック、タイガーアッパーカットなど、他の無敵時間を持つ対空技の場合も、無敵時間こそ違えど、欠点は昇龍拳とおおよそ似たようなものである。
そして超必殺技系の『無敵技』の場合、もともと超必殺技自体がどのゲームにおいてもあまり頻繁に出せるものではないし、また無敵時間も出かかりに少しばかりあるという事がほとんど。それに超必殺技はガードされるとかなり大きなスキが発生することが多いので、絶対的に信用できるほどの性能を持った技となると、ほとんど無いものである。

『無敵技』にはもう一つの意味があり、こちらはアクションゲームなどでプレイヤーの当たり判定が無くなる隠しコマンド、あるいは裏技の事を指す。
例えばあるコマンドを入力したり、あるバグを引き起こすと自機の当たり判定が無くなるなど。
代表的なのはファミコン版『スターフォース』の完全無敵技。アーケード版『グラディウスV』の背景以外に対しての無敵技、ファミコン版『ゼビウス』のデバッグモードを利用した無敵技、ファミコン版『テグザー』の無敵技、などがある。また最近では改造コードなどでプレイヤーを最初から無敵状態にするという方法があるが、これも一応含まれる。
ただ、無敵技を使ってゲームをプレイすると、そのゲームの持っているアクション性やゲームの緊張感などが一切無意味になるので、とたんにそのゲームがつまらなくなる事が多い。
なので理不尽なほど難しい一部のゲームを除いては、あまり推奨するようなものではない。