戻る


  ネコがリセットを押す

飼い猫が本体の上を歩いてリセットボタンを押してしまう事。
実際にどれほどよくあったのかは不明だが、ファミコンやスーパーファミコンの話題が持ち上がるとこの話題がもちあがる事も多く、続いてそれによってよって苦汁の涙をのんだプレイヤーなどの話題で盛り上がる事も。


  猫リセット

『猫がリセットを押す』事。


  ネット

『インターネット』の略称。
したがってインターネットを介したゲームプレイの事を『インターネットゲーム』というが、最近では『ネットゲー』と略していうことが多い。


  ネットゲー

『ネットゲーム』の略称。


  ネットゲーム

『オンラインゲーム』の事。
インターネットを介してオンラインゲームをする事からそう呼ばれるようになった。


  ネット対戦

インターネットを介して、プレイヤー同士が対戦する事。
いうなれば、対戦がメインの『ネットゲーム』をプレイする事である。


  熱暴走

CPUやグラフィックチップなどの半導体素子で出来ている製品が、発熱により誤動作を起こしたり動作が止まったりする事。
基本的にCPUなどは動作中に発熱するので、『冷却用ファン』(CPUクーラー)を装着したりなどの放熱処理が施されていないと、熱暴走が起こる場合がある。
最近のCPUやグラフィックチップなどはかなりの高性能なので、パソコンだけではなくドリームキャストやプレイステーション2などの家庭用ゲーム機にも『冷却用ファン』を取り付けて熱暴走を防ぐ対策が施されている。


  ネームエントリー

アーケードゲーム、もしくはアーケードゲームと同様のスタイルを取っているゲームで、プレイヤーが一定以上のハイスコアを出した時に可能になる、名前入力の事。
これにより、そのゲームのハイスコアランキング内に自分の名前が載る事になる。
通常は英文字3文字のみ入力可能で、おおよそ自分の名前のイニシャルや略称を入れるのだが、しかしゲームによっては8文字や10文字も入力可能なもの、カタカナまで入力可能なものなどもある。
なお、『セガラリーチャンピオンシップ』のような一部のゲームでは、ゲームスタート時にネームエントリー出来るようになっている。


  根元昇龍拳

『ストリートファイターU』シリーズのリュウとケンの必殺技である『昇龍拳』の、攻撃判定の出始めの部分。
発端はゲーメスト。
昇龍拳の出始め、つまり技の根元の部分という事から、根本昇竜拳と呼ばれるようになった。
なぜこんな呼ばれ方をするようになったかというと、昇龍拳は上昇中よりも根元で当てる方が威力が高く、また点数も高いからである。
今ではもう使われなくなった言葉であるが、当時はリュウとケンを使うならこの根元昇龍拳を使いこなすのが当たり前だった。
ちなみに入る点数は1000点なので、人によっては『1000点昇龍拳』と呼ぶ人もいた。