戻る


  ヌルゲー

『ヌルイ』ゲーム、すなわち難易度が低く、ユーザーにフレンドリーで、誰にでもクリアできるという配慮がなされているゲームの事。
近年ではプレイステーションの活躍によりライトユーザーの層がかなり拡大したので、このような易しい『ヌルゲー』といわれるタイプのゲームの比率が非常に多くなった。
実際一昔前のようなゲームをやり込むユーザーが多かった時代とは違うので、これはこれで必然なのだが、しかし昔ながらのユーザーやヘビーユーザーなどの間では、この『ヌルゲー』の評判はあまりよくない。
また、中には『ヌルゲー』を全面否定してあざ笑うだけの、少々タチの悪いヘビーユーザーやマニアなどもいる。しかしながら、結局の所これは『泳ぎの達者な水泳選手がプールなどで水遊びをしている人達を鼻で馬鹿にする』というのと何ら変わりない低レベルな行為である。
また、『ヌルゲー』という言葉自体もこれらの人達の間で使われることが多く、したがって『ヌルゲー』というのはどちらかといえばあまりよい印象を与えない言葉である。


  ヌルゲーマー

ヌルい(易しい、親切設計の)ゲーム、いわゆるヌルゲーを主にプレイするもしくは好むプレイヤーの事。
ゲームは易しくてナンボ、というのが彼らの考えなので、したがって、ある程度の練習が必要とされるアクションやシューティング、対戦格闘ゲームなどは、コンティニューの力によってクリアしようとしたり、もしくはクリアできないとなるとすぐにあきらめてしまう事が多いようである。
中には難易度の高いゲームをプレイすると、すぐにそのゲームをクソゲー扱いするなどの、ちょっとタチの悪いプレイヤーもいくらかいたりする。
『ヌルゲーマー』はあまりゲーム暦の長くないプレイヤーや、ライトユーザー、ホワイトユーザー、女性ゲーマー、シナリオ主体のゲームを好むゲーマー、などで多く見うけられる。