戻る


  洋ゲー

西洋方面で製作されたゲームの事。だが、ほとんどはアメリカ製のゲームという意味合いで使われる。
大半の日本のゲームユーザーはえてして『洋ゲー』を大味なだけのゲームという風にとらえがちだが、これは大きな間違い。
理由は二つある。
一つは日本では沢山のゲームが遊べる『ゲーム機』というと家庭用コンシューマとしか思われていないからである。
アメリカでは『ゲーム機』というと『PCゲーム』の事を指し、こちらの分野ではそれこそコンシューマとは比べ物にならないくらい濃く重厚で、非常に凝ったゲームが数多くある。
例として日本でも発売された『エイジ・オブ・エンパイア』シリーズを大味という人はまずいないだろう。
ほかにもRPGなど一つとっても非常に細かい設定まで網羅されていて、ゲームのマニュアル以外にもバックストーリーや世界観などの説明が100ページ以上にも渡って語られている小冊子などが付属しているというケースも珍しくない。
コンシューマの分野はどちらかというと二次的なプラットフォームとして考えられているのである。
そういった経緯からか、アメリカではコンシューマの分野では必然的に大量のデータを必要とするシミュレーション、RPG、3Dシューティングなどのジャンルはあまり出てこず、その反面アクションゲームなどがよく出るのである。
そしてもう一つはアメリカのコンシューマ市場で主にヒットするゲームはスポーツ物が多く、こちらは本当に緻密で完成度の高いものが多いのだが、日本ではこれらはなじみが薄いせいかこの分野はあまり出ないようだ。
その割にはアメリカのドタバタ的で単純なアクションゲームが、なぜか日本のコンシューマには数多く移植されている。
こういったせいか、日本では『洋ゲー』が大味なゲームとして認識されやすいのである。


  要塞

『バーチャファイター2』の対戦で、しゃがみパンチ連打ばかりしてくる戦法の事。
『バーチャファイター2』でのしゃがみパンチは、全キャラとも隙が少なくその上リーチもそこそこあるので、近距離戦では出されているだけでも結構いやな攻撃だった。
一発自体は大した威力はないのだが、技の出が割と早いのでこちらの技の出かかりが潰されやすく、またしゃがんでいるので上段攻撃や投げがヒットしないという利点もあるので、正に攻略困難な『要塞』というべき戦法だった。
なので特に体力的に優位に立っているときや、相手の体力が少ない時などによく見られる。
もっとも、これはあくまで初級から中級者同士での事であって、上級者レベルともなるとさすがに通用しないのは当然の事である。


  用心棒キャラ

チーム戦方式の対戦格闘ゲームで、用心棒的存在なキャラの事。
詳しく言うと、順番の最後尾に位置する、そのゲーム内において非常に性能の高いキャラ、もしくは使い手にとって最も自信のあるとっておきのキャラの事である。
先方や中堅などがやられてしまった時に、最後に残しておいたそのとっておきのキャラで最終的に勝ち抜くわけである。
ちなみになぜ用心棒と呼ばれているのかというと、時代劇などで悪代官などが追い詰められた時、『先生、お願いします…』と言って用心棒を切り札として読んでくる所から来ている。
したがって、『用心棒キャラ』の出番になった時は、声には出さずとも、心の中で『先生、お願いします…』と悪代官よろしく言ってみよう。


  ヨガフレイムコマンド

格闘ゲームのコマンド入力方法の一種で、『左、左下、下、右下、右』という風に、レバーを左から逆時計回りに半回転させるコマンドの事。
この語の元になったのが『ストリートファイターU』のダルシムというキャラで、彼の必殺技であるヨガフレイムがこのコマンドだったので、以後これと同じコマンドはこの名前で呼ばれるようになった。
ちなみに現在のダルシムのヨガフレイムのコマンドは、逆になっている。


  ヨガブラスト

『ストリートファイターII』のキャラであるダルシムの必殺技、ヨガフレイムの開発時の名前。
ストリートファイターIIが登場する直前にヨガフレイムと改名されたが、しかしインストカードまでは手が回らなかったらしく、そこには堂々とヨガブラストと記されていた。
したがって、当時は『ヨガブラストとは何ぞや?』と一部のゲーマーの間で物議を呼んだ。
その後、ヨガブラストの名はヨガフレイムの対空版の技として正式に採用され、ヨガフレイムとはっきりした差別化が図られるようになった。


  横シュー

『横スクロールシューティング』の略。
画面が左から右にスクロールしていくシューティングゲームのことを差す。
しかしこれも『縦シュー』と同じく、右から左にスクロールする常識はずれのシューティングゲームもある。
確か『ディフェンダー』というゲームが左にスクロールしていた。
『横スクロールシューティング』のほとんどは地形効果などが存在するものが多く、緻密な戦略が必要なゲームが多い。『縦シュー』は対照的である。
代表作として『グラディウス』シリーズや『ダライアス』シリーズ、『R−TYPE』シリーズなど。


  夜中にファミコン

『親が寝静まった夜中にファミコン』の項を参照。