戻る


カセットビジョン

 

エポック社から発売された家庭用ゲーム機。
カセットビジョンといえば、テレビのチャンネル表示用チップ(テレビの端っこに緑の荒いドットでチャンネルの表示されるあれ)を使用したため異様に粗い画面が一番に上げられるでしょう。
そしてカートリッジ内にワンチップマイコンを内蔵するという設計。
わかりやすくいえば、カートリッジ内にCPUなどゲーム機の心臓に値する部分を一緒に詰め込んでしまうということ。
なので本体内は電源と信号を送る回路くらいしかないというものでした。
そしてそのため安かった本体価格(1万3000円くらいで、廉価版はなんと5000円!)。
左右にしか動かせないジョイスティック。
そしてわかりやすすぎるほどシンプルなゲーム等の特徴があります。
まあ、性能自体たいしたことがなかったので、ハードの寿命も短かったみたいですが、当時、私の知り合いの中の二人がこのゲームを持っていた所を見ると、少しは売れたのかも。
ゲームは全部で十数本が出て、ほぼすべてが移植(多分、版権なし)ものでした。 といっても、元のゲームを水で数倍に薄めたようなシンプルな内容のものがほとんどでしたが。
でも今見てみると、その粗いドットの画面がとても個性的で、ゲームも逆に面白そうに思えてしまうのが不思議です。
でもこのカセットビジョン、ちょっとだけ疑問に思うことが。
カセットビジョンはカートリッジ内にワンチップマイコン内蔵する設計なら、カートリッジ内のマイコンの性能を上げればもっとパワーアップも出来たのでは?と思います。
まあ、本体の回路的にそういう風に出来なかったのかもしれませんが。
誰か知ってる人いたら教えてくれませんか?

なお、『ファミコン』でいう『スーパーファミコン』みたいな存在の2代目機として『スーパーカセットビジョン』があります。


カセットビジョンのソフト達


スクランブルもどきです。 でもわりと出来はいいらしい。

アストロコマンド

いわゆる『スクランブル』です。
2回だけやったことがあります。
カセットビジョンなので、やっぱりシンプルな画面です。
でもけっこう面白かった記憶が…。
操作方法はボタンでショット、そして左右のレバーで上下移動を担当。
かつてない斬新な操作方法。はっきりいってとてつもなくややこしいです。
ま、カセットビジョン自体左右の二方向レバーしかなかったので仕方ないといえばそれまでですが。
こまかいゲーム内容は覚えてません。


パックマンもどきです。

パクパクモンスター

小学生の当時、何度かだけしたことがあるカセットビジョン版『パックマン』です。
カセットビジョンなのでそれ以下ではあっても、それ以上ということはありません。
『パックマン』の基本はモンスターの追撃をかわしながら、画面中の迷路に散らばるドット(えさ?)をひたすら食い集めるというものですが、このカセットビジョン版の『パクパクモンスター』でも一応基本はそうなっています。
しかし、完全移植がムリだったのは当然で、いろいろな面で単純化されています。
迷路というよりも『回』の字が4つ並んでるだけのステージ、たった8つのえさ(パワーえさ含む)
たった2匹の敵。
単純すぎます
まあ、ハードの性能が性能だけに、これは仕方のなかったことかも。
ただ、プレイヤーキャラのパクパクマン(と呼ばせてもらう)が、パクパクしてても口が完全にしまらないというのはやめてほしかった。
あの中途半端にしまった口を見てたら、パクパクというよりもアウアウという風にしか見えないです。
でももしかしたら、当時話題になった『パックマン』に関連する裁判などの影響で、こういう風にオリジナルのコピーといわれないように多少は区別させてたのかもしれません。
しかし実際の所、このゲームを見てパックマンのコピーだと言い切れる人が何人いることやら
さて、ゲームのほうですが、先ほども書いたように迷路は漢字の『回』型の通路が四隅にあるだけの至極単純なものです。
えさも8個だけなので、その気になればステージクリアに数秒くらいしかかからなさそうな構成です。
が、そこらへんは製作者もわりと工夫をしたみたいで、えさの個数は8個でも何度も通過しないと完全にえさの回収は出来ないようになっています。
そしてその際、同じ所のえさはうろうろとこまかく動いてすぐに取れないように、一路通過したえさは一度他のえさを通過した後でないと再び通過できないようになっています。
このおかげで、それなりに1ステージがなかなかクリアできないようになっています。
でも、あの単純なステージ構成では所詮付け焼刃で単調な展開に変わりはないのが悲しい
それに、ゲーム展開が本家と比べてかなりトロくさい。
今やったら我慢できないかもしれないですねえ。
しかしながら、子供時代というのはこのような単純なゲームでも、コンピューターが動かせるというもの珍しさだけで、それなりに面白いと思っていたものです。
あ、ちなみに操作方法はレバーで左右の移動、ボタンで上下の移動という今では到底考えられないようなややこしい操作です。


ドンキーコングもどきです

モンスターマンション

カセットビジョン版『ドンキーコング』です。
小学生の時代に少しだけやったことがあります。
これも『パクパクモンスター』同様、至極単純化されたものでした。
マップはたったの3階建て、そして外見が大して変わらないプレイヤーとヒロインと敵の親玉。
4つしかないはしご。
やっぱりこれも『パクパクモンスター』と同様、すぐにクリアさせないために、すべてのはしごを通らないと最上階には上がれない仕組みや、いくつかのチェックポイントをジャンプで通過する必要があるなどの工夫があります。
ステージは全3面構成で、1面が大岩をかわしながらすべてのハシゴを通過する面、2面がなにやら怪しげな生物をかわしながらチェックポイントとハシゴを通過する面、そして3面が1、2面の複合というような感じで出来ています。
しかし、このようなゲームルールのおかげで、『ドンキーコング』とはまた少し違ったゲーム展開を味わうことが出来ました。
でも肝心のゲームの展開の方ですが、これまた『パクパクモンスター』同様わりとトロくさい。
多分今やったらやっぱり遅くてイライラするでしょうね。
これの操作方法も同様で、レバーで左右の移動、ボタンではしごの上り下りというもの。
カセットビジョン設計者も、当時は4方向レバーのことはまったく考えなかったのでしょう。
あまりやったことないんで、後は忘れました。