戻る


ぴゅう太

 

え〜、実際の所、ぴゅう太自体はほとんど触ったことがなく、オモチャ屋での店頭デモ機を少しばかりプレイした事のあるだけでした。
なもんであんまり覚えていません。
いくつかの本の内容を参考にさせていただきます。
ぴゅう太とは1982年にトミーから発売された16ビットCPU搭載のパソコン。
ゲームも出来、簡単なお絵描きを出来るソフトもあり、その上BASICプログラミングも組めるといういい事尽くめといった感じを醸し出しているマシンでした。
コントローラは当時のものらしく縦型で上部に2つ並んだボタン。
他のも同様ですがこの形のコントローラはファミコンに比べて操作性が悪かったですね。 ファミコンの設計の偉大さを感じます。
で、ソフトはカートリッジ形式です。
特徴としては『日本語G-BASIC』なるものが搭載されていて、本来英語であるBASICプログラムを、日本語で組めるというものでした。
が、結局の所BASIC自体の基本は覚える必要があるので、日本語にしたからといってプログラミングが飛躍的に簡単になったわけではなく、むしろ今までとは使い勝手が違うということからか、人によっては逆に使いにくくなるということもままありました。
『ぴゅう太』の本体価格は59800円と、ゲーム機としてはどうみても安くなかったものでしたが、当時8ビット機すら主流になっていなかった時代に、16ビット機をこの値段で発売できたというのは結構すごい事なのかもしれません。
しかしこれをパソコンとして見ると、当時のNECのPCシリーズでも10万以上が普通だった時代にこの低価格は驚きです。
しかしながら、本体がおもちゃ屋に展示してあったりなど、パソコンなのかお絵かき機なのかはたまたゲーム機なのか明確に区別がされていないような感じがあり、またファミコンのヒットもあってか多少売れたあとはすぐに終わってしまったらしいです。
ちなみに『ぴゅう太』にはキーボードとBASICを省いてお絵描きとゲームのみに機能を絞った『ぴゅう太Jr』と、やっぱりいらぬ親切だと気付いたのかBASICを英語に戻したついでに、キーボードも安っぽいゴムから豪華なプラスチックにと変わった『ぴゅう太Mk-2』といった兄弟機がありました。
それにしても『ぴゅう太』って名前、すっごくベタなネーミングだけど一体だれが考えたんでしょうね。