アルマジロ達の狂宴

アルマジロレーシング

ナムコ アーケード


ナムコのミョーなモノを題材にしたゲームの1つ、アルマジロレーシングです。 登場は1997年で、通信対戦機能付き。
ホント、この頃のナムコって、ラピッドリバーやファイナルハロンなど、通常ではあまり考えつかないようなモノを題材にしたイカす大型筐体のゲームを数多く輩出していましたねえ。


名前からも分かるように、このゲームはレースゲームです。
で、レースを行うのはアルマジロ達。
いってしまえば、動物レースなわけです。
動物レースといっても、そこはもちろんゲーム、そんじょそこらの単純なモノではなく、山あり谷ありカーブありジャンプ台あり坂道あり障害物ありなど、非常にバラエティーに富んだコースをアルマジロ達は駆け巡ります。
操作はトラックボール1つと非常にシンプルで、これを転がすことによりアルマジロ達は走ります。
ちなみに下りの坂道や高速で走ると、アルマジロ達は転がりながら駆け抜けます


グラフィックは3Dで構成されていますが、しかしポリゴンでできたアルマジロ達の動きはかなり可愛くて、障害物にぶつかったときのリアクションや、ゲーム終了後の得点表示画面時やタイトル画面でのアルマジロ達の動きはとってもラブリー
見てて微笑ましいです。
ゲームはトラックボールという一般的でない操作デバイスを使用するせいか、操作に慣れないうちはアルマジロ達があっちにいったりこっちにいったり、はては崖から転落したりすっ転んだりなど、まるで酔っ払いのような動きになったりしますが、そこはそれ、そんな動きをするアルマジロ達がこれまた可愛いので、変な動きになっても全く腹が立たないのがこのゲームのいい所。
見た目からかなり可愛いキャラクター性を持っているのと、プレイ時間が短い(大体5分くらい)ため、じっくりとやりこむゲームではありませんが、ちょっと軽くプレイ、もしくは知り合いといっしょにワイワイプレイするにはうってつけのゲームだと思います。
ただ、トラックボールの回す部分がかなり大きく出っ張っているため、トラックボールを強く回すとかなり手を痛めるのが欠点ですね。

2001年9月23日


戻る