Qちゃん、おなか空くの早過ぎ(笑)
ガウガウ砲で攻撃! お化けなので空も飛びます


オバケのQ太郎

 ワンワンパニック

バンダイ ファミコン


バンダイのキャラゲーシリーズの1つ、『オバケのQ太郎』。
確か原作は、食いしん坊で犬が苦手、そして劣等性であるオバケのQ太郎が繰り広げるドタバタギャグマンガ(アニメ)でしたね。
で、ゲームの方なんですが、バックストーリーは犬達にさらわれた正太やハカセ、O次郎など、Q太郎の仲間を1人ずつ救出するというもの。
O次郎とかならまだしも、人間が犬にさらわれるなんてかなり強引無茶苦茶なバックストーリーですな。


まあそれはさておき、基本的なゲームシステムは横スクロールアクションで、目的は先ほど挙げたようにさらわれた仲間を救出するというもの。
十字ボタンでQ太郎の移動、Bボタンでジャンプ、Aボタンでガウガウ砲の発射(発射可能な時のみ)、そしてジャンプ時にBを押しっぱなしにすると空を飛べます。
このゲームには空腹メーターなるものがついていて、このメーターは時間とともに減少(意外に早い)していくんですが、空を飛んでいる時には通常の2倍ほどのスピードでメーターが減少していくので、いつでもどこでも飛んでいるわけにはいかないというのがうまい具合に出来ています。
で、空腹メーターは道中そこら辺に落ちている(というか、浮かんでいる)食べ物を取る事によって、少しだけ回復するようになっています。
しかし、事はそう簡単にはいかず、Q太郎の行く手を苦手な犬達が待ち構えていて、原作通り、犬が苦手なQ太郎は、犬に触れるだけでミスとなります。
しかもそれだけでなく、犬の中には『ワンワン』と吠えて攻撃してくるものもいて、その声に当たってもミス。なので、上手く犬をかわしつつ先に進まなければなりません。
しかし、Q太郎もゲームの中では犬に対して無抵抗なだけではなく、キャンディを取る事によって撃てるようになる『ガウガウ砲』で犬を攻撃できます。
そしてゴール地点に隠されている仲間を見つけ出すとステージクリア。 次のステージに進みます。
ちなみにステージ4からは犬だけでなく、カラスハト、果てはどういう訳か風船までもがQ太郎を攻撃してくるという無茶な展開になります。


このゲーム、Q太郎は犬が苦手で食いしん坊であるなど、原作の設定をうまく生かしていてなかなか面白く、また音楽もアニメで使われている曲が流れていい雰囲気なんですが、実は非情なまでに難しいゲームです。
おそらくキャラクターからして対象は小学生くらいを狙っていたようですが、この難しさは子供にはあまりにきつすぎるのでは?と思ったりもします。
その難しいと思われる一番の原因は、特定の犬が放つ『ワンワン』攻撃。
あまりにも連続で出しまくるってくるので、近づく事すら出来ません。また射程もこちらの『ガウガウ砲』よりも長いので、攻撃を仕掛けるのは毎回命がけです。
とにかくこの要素だけでも取り除いてくれたら、いくらかはやり易くなったのになあ。
あと、ステージ5辺りまでなら食べ物が沢山出て来て空腹メーターもそんなに気にする必要はなく、また空も飛びまくれるのですが、ステージ6を過ぎた辺りからはかなり食べ物の配置されている量が少なくなってくるので、ほとんど空を飛ばずに移動しなければならず、急に難しくなります。
おそらく、ここら辺で詰まる人も多かったのでは。
さらにステージ10からは食べ物が一切出なくて、特定の場所を通過すると出現する宝石を取ると、画面内にいくつか食べ物が出現するという条件になっています。
もちろんヒントなどありません
もう難しいを通り越して理不尽です。
さらにそれだけではおさまらず、私の経験ではバグなのかどうかは知りませんが、宝石を取っても食べ物が一切出現しないという現象もしょっちゅうありました。
そんなわけですのでステージ10以降は、犬に当たってミスするよりも食べ物がなくて餓死する確率のほうが遥かに高くなります。
もちろん飛ぶことなどもってのほかです。
ひどい時になると、食べ物は上空にあるのに空を飛べないので取る事が出来ないという悲惨な目にも。
とにかく、このゲームは後半以降は尋常でないほど難易度が高いゲームでした。
もちろん昔のゲームなので、コンティニューなどは無くて一度ゲームオーバーになると最初からやり直しです。
ちなみに私は根性でエンディングを見ようと挑戦してみましたが、14面以降からは再び最初からスタートしたので、おそらくループゲームなんでしょう。

2000年8月22日


戻る