涌き水のように溢れ出る敵ども
タイトル画面。 洋ゲーらしく、キャラが濃いです。 左のおっさんが特に。


GAUNTLET

ガントレット

ATARI アーケード


ガントレットは1985年に登場した、最大4人同時プレイが可能なゲームです。
ざっとかいつまんで説明すると、西洋ファンタジー世界のダンジョンを舞台に、プレイヤーは屈強な『ウォリアー』、力と知性を併せ持つ『バルキリー』、魔法の威力は高いが足の遅い『ウィザード』、攻撃力は弱いが足の早い『エルフ』の中から一名を選択し、敵と戦いつつEXITを目指してひたすら地下深くへと降りていく、という内容です。
プレイヤーは残機制ではなくヘルス制(体力制)で、ヘルスがゼロになるとゲームオーバー。
『ガントレット』というタイトルや、ファンタジーなキャラクター、ダンジョンというシチュエーションから、一見してRPGに見えるこのゲームですが、実際の所は生粋のアクションゲームだったりします。 ここらへんがいかにもアーケードゲーム。
いや、正確にはアクションというよりも、シューティングといった方が正しいかもしれないですが…。
ちなみに筐体は専用の4人同時プレイ筐体で、ボタンの間隔がやたら離れているのがいかにも海外のゲームらしかったですね。
アイテム紹介。 意外に多いですね。 3番目の食べ物アイテムが微妙にリアル。

海外のゲーム、とりわけアーケードゲームでは、日本のゲームのようにワンコインで最後までプレイ出来るようなゲームバランスになっておらず、おおよそは連コインしながら複数人数でワイワイプレイするというスタイルのゲームが多いものですが、このガントレットもそのご多分に漏れず、ワンコインだと必ず途中で力尽きてしまうバランスのゲームとなっています。
それを端的に表しているのが、ヘルスは攻撃を喰らうだけでなく時間が過ぎる事でも減っていく(というのと、コインを追加する事でヘルスが加算されていくというシステム。
まあつまるところ、複数人数でワイワイ連コインしながら適当にプレイしていく、というのがメインスタイルとなるゲームというわけですね。
もちろん、ちゃんと攻略すればワンコインでそれなりに長時間プレイする事も可能なんですが…さすがにワンコインで最後まで行くのはムリでしょう。
さあ、4人で冒険へ出発だ! でも気の合う者同士でないと足の引っ張り合いになりますけど……。 際限無く涌き出る敵。 ジェネレーターは4次元ポケットにでもなってるので小か?

実を言うと、私は当時、このゲームを大してプレイしませんでした。
合計すると、おおよそ十数回ほどプレイしただけだったかな。
世間的には、いかにマップを攻略するか、いかに敵を処理していくか、いかにジェネレーターを効率よく破壊するか、いかに地形を利用して敵をやり過ごすか、いかにスクロールアウトを活用するか、いかにマジックポーションの使用タイミングを計るか、いかにコンビネーションプレイを上手く行うかなど、けっこう奥の深いゲームだったらしいのですが、しかし当時まだまだガキンチョだった私は、その奥深さに気付けるほどゲームが達者ではありませんでした。
まあぶっちゃけ、年齢的に若輩も若輩だった私にとっては、このゲームはあまり魅力を感じれるモノには映らず、何度もプレイしようと思うことはなかったんですよね。
それに、このゲームは1人プレイではなく、2人以上、つまり複数人数でプレイしてこそ本当の面白さを味わえるゲームとなっていたのですが、しかし当時の私の友人達にはこのゲームをプレイしようとするものがおらず、当然私はずっと1人プレイオンリー。 結果、複数人数よりも遥かにゲームオーバーになりやすい展開ばかりで、当然、楽しめるはずもありませんでした。
ついでにいうと、当時の私はまだ子供でお金をあまり持っておらず、そのため短時間で密度の高いプレイをするのではなく、ワンコインでいかに長時間ゲームを遊ぶかというのがゲームプレイの基本的な原動力となっていたため、この手の連コインをするのがベースとなっているタイプのゲームは、金がもったいないためあまり良いゲームには映らなかったんですよね。
つまるところ、結果的にはこのゲーム、当時の私にはさしてわざわざ自分からプレイしようという気になれるものでなかった、というわけです。
一応、現在の目からこのゲームを見直してみると、上記の攻略の奥深さの他に、世界観が良かったり、音楽があの時代にしては妙に綺麗で高品質だったり、大量の敵を出しても処理落ちがほとんどないスゴイハードだなと、ゲームプレイ以外に色々興味深い部分もあったりするのですが、当時の私にはそんな細かい所に気付けるはずもありませんでした。
敵出すぎ。 これをリンチと言わずしてなんというのか。 敵キャラ紹介画面。 敵は色によって耐久度が変わります。 説明が細かいですな。

まあでも一応、毎回毎回一人プレイばかりしてたわけではなく、1度だけ多人数プレイをした事はあります。
当時、何度かすでにプレイもして、もうすでにこのゲームに対する興味を失っていた私でしたが、しかし友達2〜3人と馴染みのゲームセンターに遊びに行ったある日、いつもの場所に置かれていたこのゲームの筐体上部に『サービス期間 ワンプレイ10円』という張り紙がなされていたのを発見しました。
そのゲームセンターの基本プレイ料金は50円(大型筐体は100円)だったので、ワンプレイ10円というのは金のない子供時代の私にとっては破格のプレイ料金。
やらなきゃ損ということで、友人達とワイワイ10回くらい連続でコンティニューしつつプレイしたものです。
1人プレイでは大して楽しめなかったこのゲームですが、正直、あの時の複数人数でのプレイは本当に楽しかったですね。
攻略といった気の聞いた事など一切せず、単に適当にみんなてんでんばらばらに行動しつつゴチャゴチャとプレイしていただけですが、それだけでも十分に面白かったです。
多人数を前提にして作られたゲームの楽しさは、まさに多人数でしか味わえない、といったところですかね。
もっとも、友達達とプレイしたのはその一回きりで、その後、通常の値段(50円)にもどって以降は再びプレイする事がなく、そのプレイが実質上最後にプレイしたガントレットとなったものですが。
狭い迷路、そんなにすしずめになってどこへ行く。

このように、通算で十数回程度しかプレイしなかったため、ガントレットは私のゲーム暦の中ではあまり思い入れのないゲームでした。
が、しかしながら、一つだけ非常に印象深く残っている部分があるんですよね、実は。
それは、敵が異常に大量に出るということ。
これがもう凄いもので、10匹や20匹など当たり前、辺り一面敵だらけといえるほどウジャウジャと出まくるんですよ。
画面が敵で埋め尽くされるとよくいいますが、このゲーム一切の誇張無しに、本当に画面中が敵で埋め尽くされます。
しかも敵はジェネレーターと呼ばれる場所が存在する限り無限にいくらでも出てくるときたもんだ。
敵を一掃しても、ジェネレーターがある限り、ほんの数秒突っ立ってるだけでもう敵に取り囲まれてボコられる。
私はエルフを主に使っていたのですが、倒しても倒しても倒しても倒しても倒しても一向に数が減らず、あとからあとからあとからあとからあとから続々と涌き出てくる大量の敵群は、まるでテレビで見たイナゴ大発生の如くムチャクチャに印象的でした。
実際、当時もそうでしたが、今だに『大量の敵』というとこのゲームがすぐに思い浮かぶほどです(今だとシリアスサムも浮かびます)
とにかく、私にとっては『あまりにムチャなほど敵が続々異常発生するゲーム』という印象ばかりが残っているゲームでした。
ゲームの概要説明の部分で、このゲームはアクションというよりもシューティングというべきだといいましたが、いやホント、湯水のようにポコポコ溢れ出てくるショットで次々に撃破していく様は、まさにシューティングだったんですよね。
一つのジェネレーターからわいて出てきます。 おまいらホントはクローン人間ちゃうんかと。 だから取り囲んでのタコ殴りやめれ。

もう一度、複数人数でプレイしてみたいなあ、と思ったりして。


2003年4月4日


戻る