あのカプコンの、記念すべきアーケードゲーム第一弾
バルガスは、カプコンの代表的な隠れキャラである弥七が敵として登場する、唯一のゲームです 敵がわらわらと出てくるので、緊張の連続です


バルガス

カプコン アーケード


1984年に登場した、カプコンの業務用ゲーム第一弾です。
という事は、カプコンって他のゲーム会社よりも比較的若い部類に入るという事ですね。
それはさておき、ゲームは画面上に出現する敵をひたすら撃ちまくるだけと非常にシンプルな、連射命のシューティングゲームです。
自機の武器は2種類で、連射可能な通常兵器のツイン砲と、弾数制限有りだが貫通力があり敵をまとめて倒せるサブ兵器のキャノン砲となっています。
キャノン砲で敵をまとめて倒すと高得点を得られるので、いかにキャノン砲を使いこなすかがハイスコアへのカギとなっていました。


とにかく画面に現れる敵をアチョアチョ撃ちまくって倒しまくっていくだけと、非常にオーソドックスなタイプのシューティングゲームでしたが、しかし当時はまだそれほど連射しまくりの撃ちまくりなシューティングゲームというのがあまりなかったので、他のゲームに比べてけっこう目立つ存在でした。
ただ、自機の当たり判定が意外に大きく、また自機のショットが前方向固定のわりに雑魚キャラはあらゆる方向から次々に出現するので、なかなか難しいゲームでした。

グラフィックも当時のほかのゲームに比べると結構綺麗な方で、少し渋めの色使いが特徴でした。
CPシステムというシステム基盤を出す前までのカプコンは、このゲームのような少しくすんだような渋めの色を主体としたゲームをよく出していましたね。 例として戦いの挽歌とか、1942とか、戦場の狼とか、ガンスモークとか。
そして全般的に難易度も他のに比べて比較的高かったので、当時のカプコンはというと、硬派なゲームを出すメーカーというイメージが強かったです。


ちなみに当時、まだガキンチョだった私は、このゲームのサブ武器であるキャノン砲なんて名前を知らなかったので、『ドリルミサイル』と勝手に名づけていました。
なんだかドリルにそっくりだったし。
あと、当時のカプコンのゲームの代表的な隠れボーナスキャラであった『弥七』は、このゲームでは敵キャラとして出演していたのは結構有名ですよね。


戻る