風船で王様をさらいに来るというコンセプトがすごい
プレイヤーは一応、人力移動式の砲台ですよ。わかりにくいけど。


キング&バルーン

ナムコ アーケード


キング&バルーンは同社から出た『ギャラクシアン』タイプのゲームです。
登場時期は1980年で、ギャラクシアン登場後の少し後くらいだったと思います。
ゲームのルールは当時のものらしく至極単純で、画面上部の(まれに飛来してくる)敵の編隊である風船を撃ち落していくだけ。
基本的なシステムこそ『ギャラクシアン』を踏襲してますが、このゲームならではのウリともいうべき画期的な点が2つありました。


1つはプレイヤーのミスする条件。
このゲームでの敵の目的は、プレイヤーである砲台を破壊する事ではなく、その下で動いている王様をさらう事です。
どういう事かというと、画面上部に並んでいる風船は『ギャラクシアン』のように何機かは直接飛来してプレイヤーである砲台を攻撃してはくるんですが、それはあくまで目的の為の途中経過にすぎず、最終的にはプレイヤーの下にいる王様を画面上部にまで連れていこうとします。
そして王様が風船に連れられて、画面上部に消えてしまうと1ミスとなるわけです。
もちろん3回ミスするとゲームオーバー。
プレイヤーがミスするのはあくまで王様が連れ去られた時のみで、プレイヤー自身が操作する砲台は何度破壊されてもミスにはなりません
普通、シューティングといえば自機が破壊されたらミスというのが常識なんですが、このゲームではそれを廃止したという、正に発想の転換とも言うべき斬新なアイデアを採用したわけですね。


そしてもう1つは音声合成。
今でこそゲーム中のキャラが音声で喋るというのはもはや基本ともいえるくらいで、有名声優を起用してゲーム中のセリフを全て音声で喋るというフルボイスのゲームなどもまったく珍しくありませんが、1980年代に入ったばかりの当時にしては、音声が出るゲームというとそれこそ数えるほどしかなく、そのためゲーム中のキャラが喋る(といっても一言二言くらいだけでしたが)というだけでかなりのインパクトがあったものです。
このゲームで喋るセリフは全3種類で、王様が風船にさらわれた時に叫ぶ『HELP!』と、そしてさらわれている途中で砲台がその風船を撃ち落すと『THANK YOU!』と、そしてさらわれた王様が画面上部に消えてしまうと『BYE BYE!』となっています。
音質は他の音声合成を採用したゲームに比べてかなりクリアで綺麗でした。
ちなみにこのゲームの音声ですが、先ほど挙げたように音声は全部で3種類あり、そのセリフも一応英単語となっています。
が、実際に聞いてみると『へるぷ』『さんきゅー』『ばいば〜い』と、どう考えてもひらがなで表記された英語を読んでいるようにしか聞こえないというのが強烈です。
また『ばいば〜い』という声ですが、これがどう聞いてもやたらうれしそうにしか聞こえないので、『さらわれたくせにうれしそうにバイバイとか言うんじゃねえ!』と思わずツッコミをいれてしまいます。
海外版ではさすがにこういった変な音声はまずいと思ったのか、はたまたあちらではジャパニーズイングリッシュの発音は理解できなかったのか、ちゃんと綺麗な英語の発音に修正されていました。
しかしながらこのゲーム、冒頭でも述べましたが、風船で王様をさらいに来るという発想がすさまじい
一体どのようにしてこのゲームの企画がだされたのかいささか気になりますね。


ちなみに『キング&バルーン』は、プレイステーションの『ナムコミュージアム・アンコール』というソフトに収録されています。

2000年11月8日


戻る