当時はやったモーフィングをメインに添えたゲーム

メガモーフ

富士通(開発:シグノシス) FM−TOWNS


スカベンジャー4に続くフラクタルエンジンによるフルムービーシューティング、メガモーフです。 登場は1994年。
タイトルからも見て取れるように、このゲームではモーフィングという技術を前面に押し出したゲームとなっています。 もちろんそれだけでなく、他の映像も美しく見ている者を引き込ませる魅力を持っています。 にしてもフラクタルエンジンのムービー技術は当時の背景を考えて見ると、本当に凄いものでしたね。
このゲームもスカベンジャー4と同様、新品で購入しました。 もちろんゲーム目的ではなく、綺麗なムービーが目当てで


基本的なゲーム内容はスカベンジャー4とほぼ同じです。 すなわち、3D後方視点によるシューティング。
システムもスカベンジャー4を踏襲していて、メイン攻撃の他に弾数制限のあるサブ攻撃を繰り出す事が出来ます。
今作の特徴は、プレイヤーがモーフィングによって変形するという事。
プレイヤーがモーフィングするという事で、タイトルが『メガモーフ』。 ウン、安直ですな(笑)。
しかし、モーフィングといってもプレイヤーが自由に変形させる事は出来ず、シーンによって自動で変形していくという形です。 で、当然そのモーフィングシーンはフラクタルエンジンによるスムーズなムービーで流れます。
もちろんただモーフィングするだけではなく、その形態によって少し攻撃方法が変わったりします。 ま、実際には大して変わらんのですが。
ですが、このモーフィングを含むゲーム中のムービーの質は非常に美しく思わず見入ってしまうほどなんですよ。 特にゲームのオープニングでのモーフィングによる多彩な変化はまるで映画『ターミネーター2』のT−1000のような綺麗でなめらかな形状変化を見せてくれます。
また、プレイヤーキャラだけではなくステージごとに出現するボスキャラもモーフィングしまくるので、ホント、映像に関しては当時のムービーの質を考えると正直文句のないほど綺麗で滑らかなゲームでした。 ええ、映像だけに関しては。


さて、先ほどこのゲームの基本的なシステムはスカベンジャー4を踏襲しているといいました。 がしかし、それは基本的なシステムだけではなく、前作にあった欠点である、地形による理不尽なミスというのもモノの見事に再現されていたのがさすがシグノシスでした。 もちろん一発死にで。
それもプレイした感じ、前作よりもさらにひどくなっているような気がしましたし。
特にひどかったのが洞窟と宇宙での隕石のシーンで、突然の進行方向の変化、突然の隕石の軌道変化によって一体何百機死んだ事か……。
いや、映像は冗談抜きでかっこいいし、迫力満点で息を呑むようなモノばかりなんですよ。 洞窟のシーンなんか、そこらの映画顔負けの迫力で迫ってきますし。
また敵との戦闘シーンもアフターバーナーとまでは言いませんが、自機の攻撃判定が結構大きめに設定されていてそれなりにアチョアチョ破壊していけるように作られていました。
でもねえ、前作に続いてあの地形の当たり判定、あれだけはいまだに納得いか〜ん!!
ホント、スカベンジャー4の所でも書きましたが、あの地形効果さえなかったらかなり遊びやすいゲームになっていたかもしれないのに。
特にこのメガモーフでの地形アウトの効果は絶望的なまでに理不尽なモノがめちゃくちゃ多く、さらにその上ボスキャラの体当たりによるミスなどもしょっちゅうだったので、スカベンジャー4に比べて難易度は遥かに高かったです。
私はスカベンジャー4を何度かクリアしたことありますが、しかしこのメガモーフはクリアした事一度もありません。 最終局面近くまでは何度かいけたんですが、あまりに難しすぎてどうしてもそこから先にはいけませんでした。
エンディングの映像見たかったんだけどなあ。
う〜ん、今思うとかなり心残りのあるゲームですね。
まあ、まだ実家には残っていると思うので、もし今度実家に帰る機会があるのなら一度プレイしてみようかなあと思います。 もちろんクリアするまで。
でも、はたしてクリア出来るのか?


ちなみにこの文章を作成時、私自身メガモーフの内容に関していくらか部分的に忘れている所があり、また一体どれほどの人がこのゲームを知っているのかなあという興味もあったので、一度Googleで検索してみたんです。
しかしながら、たったの7件しか引っかかりませんでした。 いやはや検索が引っかかりすぎるので有名なGoogleを使ってもこんだけしか引っかからないというのがなんとも。 そんなにマイナーなタイトルなんですかね、これ。 映像はすごいんだけど。
ちゅうか、こんな検索してもまるで引っかからないようなほどマイナーなゲームに関してのレビューを長々と書いている私もかなり凄いですが
一体誰が読むというのだろう、そして、一体誰がこの内容を理解して共感してくれるのだろうか……。


戻る