史上最強の虚弱体質
エレベーターの隙間から落ちても死にます。 岩の後ろにあるのはエネルギー回復アイテム。しかし一体何なんでしょう、これ?


スペランカー

アイレム ファミコン


もはや説明不要な程の超有名ゲームですね、ハイ。
開発者の意図とはまるでかけ離れた部分で有名になってしまった悲しきバカゲー。
それが『スペランカ−』なのです!


内容は主人公スペランカーが財宝を求めて洞窟内を探検していくというアクションゲームです。
十字キーで移動、Aボタンでジャンプ、Bで銃(?)攻撃。
他に十字キーとの組み合わせで爆弾などのアイテムが使用出来ます。
まあこれだけ見るなら特に何ということもない極普通のアクションゲームだったのでしたが、しかし、ある一部分だけ特出すべき部分があったため、このゲームは人々の脳裏に強烈に焼き付き、一躍有名なモノとなりました。
それは主人公のか弱さ(ひ弱と書かない所がミソ)
一応、洞窟を探検する程の冒険家なら、多少なりとも体が鍛えられていて普通の人よりも強いはずなのですが、このスペランカーは凄い。
普通の人以下です。
なんといっても自分の身長の半分くらいの段差から転落死
もちろん自分の身長ほどの高さからの転落しても死
こうもりの糞が当たってショック死
爆弾の爆発する音でショック死
水の中に落ちて溺死
下りの坂道でジャンプすると転落死
このように、探検家とは思えないほど貧弱な主人公が無謀としか思えない冒険を繰り広げます。
こんな主人公を見てると銃を撃った反動で背骨が折れて死亡ジャンプした時の着地時のショックで死亡アイテム取った瞬間ショック死などが起こりそうな気がしてなりません。
こんなゲームなので、慣れない内は始まって一分もしないうちにゲームオーバーということもしばしば。


このゲームはそのあまりにも弱い主人公の存在のためよくクソゲー扱いされます。
が、ここで誤解のないよう言っておくべきなのが、このゲームはなかなかどうして割としっかりと作りこまれている、非常に良質なアクションゲームなのです。
一見なんともなさそうな小さな穴でも、主人公の弱さのため思った以上の難関となったりして。
アクションゲーム初心者にはちょっとつらいかもしれませんが、アクション好きにはなかなかやりがいのあるゲームなんですね。
そして、どんなに上手くなってもほんの些細なミスですぐに死ぬので、上手いプレイヤーにも常に緊張感漂うプレイが楽しめるというのがいい。
後、忘れてはいけないのが、アイテムを取りまくる楽しさ
画面中に散らばっているコインやらドル袋やらを次々取り集めて点数が上がっていくのはなかなか気持ちよく、また楽しいものです。
ちょうどタイトーの『バブルボブル』などで画面中に散らばるフルーツを取る楽しさと同じですか。


このゲームはちょっとした合間や気分転換にサクッと遊ぶにはいいかもしれません。
お笑いゲームとしても楽しめ、そして純粋なアクションゲームとしても楽しめるという二面性を持つこのゲームは、かなり完成度の高いモノではないかと思います。
ちなみに私もたまにファミコン引っ張り出して遊んでます。
ゲーム中のBGMMもノリがよくて、ゲームをしている最中やその直後にはついつい鼻歌を歌ってしまうことも。
ただ、オープニングのBGMがゲーム中とはまるで逆で、なぜかすごく暗い音楽なのが謎ですが。
あとゲームオーバーの音楽も。
それに、あの昔のアイレムのカセットになぜかついてるLEDランプの存在も謎です。


このゲームの続編として『スペランカー2 勇者への兆戦』というタイトル(私も2、3回しかプレイしたことがない)で出ていますが、主人公がライフ制になり、ナイフを使ったりゲームが謎解き主体になったりしてて全然別のゲームになってました。
けっこう完成度は高かったみたいですが、前作のインパクトがありすぎたせいか、前作に比べ非常にマイナーなゲームとなってしまいましたあ。
これガスペ乱カー2の画面だ! 『徳』というよけいな要素が付加されてます。 

ところで余談ですが、このスペランカー、実はアーケード版もあったという事を知ってましたか?
洞窟を探検するという基本的な内容は同じですが、キャラのタッチや雰囲気、ゲーム中の仕掛けなども大分違うので、ぱっと見では同じゲームとは思えないくらいです。
なんといっても、アーケード版は高いところから落ちても死なないというのがファミコン版とは別のゲームたらしめているといえましょう。

2000年6月27日


戻る