マトリックスを思いきり意識してます
土中からドラゴンが出現! 顔が怖いです。 なんだか良くわからないけど、なんとなくアートっぽい感じの映像。

3DMark2001

MadOnion Windows


3DMarkシリーズの第3段、『3DMark2001』です。
題名に2001とな名打っているのを見てもわかるように、2001年度のベンチマークソフトです。
基本的な内容はもちろん99、2000のと同様に、様々なゲームのグラフィックスエンジンを使用したり、また様々なモデリングや特殊効果などを処理していき、最終的にそのPCのグラフィック描画能力がどれほどのものなのか、というのを計測します。
使い方や画面のインターフェースは2000とほとんど同じですが、いくつかの点で使いやすくなっていたり、また新機能が搭載されています。
衛星カメラのようなシーン。 ここから… カシャッと拡大!
さらにカシャッと拡大! このカメラ切り替えによって拡大していく映像ががイカス! ベンチマークの一部。 だれだ!ウンコみたいだなんて言ってるのは!?

この『3DMark2001』は、さすが2001年度に作られただけあって、映像の細かさと美しさは99、2000よりかなり上です。
もっともその分、重さもかなりのものですが。
これを書いている現在の私の環境だとかなり重いので、個人的には2000の方が好きですね。 DEMOも2000のほうがボリュームあるし。
ただしかし、画像の質は相当凄い
DEMOを見るとわかりますが、NATUREはかなり驚けます。
一瞬、ムービーかと思えるほどですが、しかし正真正銘リアルタイムで処理されている3DCGです。
また、ドラゴンと町並みの造形も凄い。
ついでに乗っている女性のモデリングも凄い。
そして個人的に好きなのが、地球を衛星カメラから見るように順次拡大していくというシーン。
イカス!
そして、今回の目玉とも言えるロビーでのマトリックスばり(というか、ほとんどそのまんま)な銃撃戦シーン。
大迫力です(このシーンのグラフィックスエンジンはMax Payneというゲームのを使用)。
マトリックスでは銃弾によって柱や壁の破片が派手に飛び散るという映像が印象的ですが、この3DMark2001ではそれがしっかりと再現されています。 それも、リアルタイム処理で。
これだけでも見る価値あり!と言えます。
ただ、これを書いている現在の私の環境、PIII550MHz、メモリ256M、GeForce2MXだと、かなり重い。 特にHigh Detailだと、フレームレートが一桁当たり前な状態です。
そんなわけですから、少々辛い。
ただ、いつか新しいPCを買った時に、これをもう一度見てみたいですねえ。
最新のPCだと、どれだけ綺麗で滑らかな映像が展開されるんでしょうか。
マルチテクスチャというやつです。 静止画では何がなんだかわかりませんな(笑) ムービーで使われるレベルのCGモデルが、リアルタイムで処理されています。 かなり重いけど。

この『3DMark2001』も、99、2000と同様に、MadOnionのサイトから無料でダウンロードができます。
サイズは約39メガ。
はっきり言って、見る価値大ありです。
特に自然のシーン、ドラゴンのシーン、衛星カメラのシーン、銃撃戦のシーンなどは、3DCGが好きな方なら、見て損は絶対に無い、といっても過言ではありません。
ファイルサイズもそこまで大きくないので、とにかくダウンロードして是非見てほしいですね。
見れ!
オブジェクトに100万以上のポリゴンを使い、なおかつ8つの光源による複雑な光の反射を実現した映像。 でもかなり重い。 HIGH DETAILなんですが、フレーム数が一桁……

ちなみに前述した私の環境だと、この『3DMark2001』のベンチマーク結果は、1674でした。
もちろんベンチマークをする環境はデフォルトの1024*768の32ビットカラー設定。
けっこう重いシーンが多く、さすがにこのPCだと2001はかなりキツイですね。

2002年1月9日
これはマジでビビリました。 ムービーじゃなく、リアルタイム処理なんですね。 全ての草と木の葉が風でざわめいているというのがすさまじい。 驚愕です。

注:ここで使用している画像は1024*768のものを縮小表示しています。
オリジナルは、もっと細かくて綺麗ですよ。
ドラゴンから見える町並み。 かなり細かな作りです。 街中でドラゴンが暴れるの図。
なんか、絵に出てきそうなワンカットですな。 やたらに細かいドラゴンの面。 ついでに女性も。 どちらもなんか怖いぞ。
ロビーで銃撃戦。 撃ちまくりです。 はっきりいって、マトリックスですな。
こちら側も負けじと撃ちまくり! 薬莢の数がスゲェ〜! しっかりと音もするし。
これも映画で見たシーンですね。 壁の砕け具合が大迫力。 
もちろん、撃つ時にはしっかりとスローモーションになります。
こちらも映画同様、弾丸の軌跡が映ります。 キーンと転がる薬莢。 カッチョエエ!
エンディング。 写真集みたいですな。 ベンチマーク映像。 上の人物のそっくりさんが100人近い人数で撃ち合いしてます(笑)


戻る