だ・い・せ・ん・ぷー
大旋風! タイトルも地味目。


大旋風

東亜プラン(販売:タイトー) アーケード


『大旋風』は、年がら年中シューティングゲームを作りまくっていた(過去形)グレイトなメーカー、東亜プランのゲームです。
登場は1989年、内容はもちろんシューティング。
1レバーに2ボタン(ショット、ボム)と東亜プランではおなじみのオーソドックスな操作系統で、群がる敵機をオラオラでやでやアチョアチョと破壊してきます。
まあ、これまでの東亜プラン系のシューティングをプレイした事のある人ならば、初プレイですぐに馴染めるゲームでしょう。
ちなみにこのゲームには厳密なエリアやステージといった概念はなく、全体がひとつのマップとなっています。
ボスのような敵はいますが、しかし感覚的には強いザコ敵という存在です。
したがって、このゲームには一定の地点に到達した時のステージクリアやインターバルといったものはありません。
大旋風は世間一般の評価はイマイチでしたが、私にとってはなかなか面白いゲームだったので、当時は暇つぶしがてらちょくちょくプレイしたものです。
ヘルパーと共に、飛行場を発つ! この時の地味な音楽がよし! 崖地での戦闘。 ひたすら戦車とのバトルです。 

 東亜プランのゲームでは目立たない子でした
さて、このゲームの特徴を簡潔に言うと、『地味』の一言に尽きます。
イヤ、ゲーム自体は面白いと思うんですけどね。
でも見た目やプレイ感覚などが、とにかく地味だったんですよ。
そりゃあもうかなりのモノ。
東亜プランはこのゲームをリリースする1年前に、『タツジン -Tatsujin-』という、これまでの東亜プランゲームとは一線を画すド派手なシューティングゲームを輩出していたのですが、とてもそれの一年後に出したゲームとは思えないほど、このゲームは地味地味でした。
まず自機。
プロペラ機です。
この時点ですでに地味さ大炸裂
そして、自機のノーマルショットは1種類だけ。
究極タイガーだと4種類、タツジンだと3種類もノーマルショットの種類があったのに、それより後発のゲームでありながら、これは一体何事でしょうか。
しかもこのショット、パワーアップしても攻撃範囲が少し横に広がるだけ。 いわゆる、飛翔鮫と同じ形式。
とてつもなく地味です。
さらに、ゲーム中の敵は戦車や砲台、小型艇や艦隊などの地上物のみで構成されており、飛行機のような空中物は一切無しなので、派手な空中戦など絶無。
徹底的なまでに地味です。
地味さというのは、ゲームにおいてはマイナス要素になる事が多いのですが、このゲームは同時期に出た同社のゲームに比べてあまりに地味過ぎるため、逆にそれがこのゲームの特色となって目立つような気がするというのが、ある意味すごいです。
戦車戦車戦車……右を見ても左を見ても戦車戦車……。 あと一台だけトラック…。 水没した街。 明確なストーリーなどで語られこそしなくとも、こういった背景が戦場というのを感じさせてくれますな。

 目立たないけど質の良い子でした
というわけで、上では完膚泣きなくらい『地味』と言い放ってしまいました。
でも、誤解の無いよう言っておきますが、大旋風は見た目ド派手なゲームではなくとも、実はやってみるとなかなか面白いゲームなのです。
プレイして初めて分かるこの面白さ、というやつですか。
敵は戦車やボートといったモノばかりですが、それらをボガボガドガドガ破壊しまくっていくのは、やけに楽しいです。
破壊した時の爆発やサウンドに、なんだか妙な爽快感があるんですよね。
ここらへんは、見た目は地味ながらも、さすがシューティングメーカーの雄、東亜プランのゲームというべきですか。
まあもっとも、自機も敵もグラフィックも演出も内容も派手な要素がほぼ皆無だったせいか、他のゲームに比べてあまりヒットはしませんでしたが。
でもやってみると楽しいですよ。
ヘルパーフォーメーション! 火力が一機に7倍じゃあっ!! 戦車をアチョアチョ破壊していきましょう。 左上の、板で補強してある屋根のグラフィックが、妙に細かい。

 『ヘルパー』という名で特攻する子でした
このゲームでもっとも特徴的であり、そして最も印象度の高い部分といえば、それはボムのシステムでしょう。
このゲームのボムは、これまでのシューティングのように爆弾を落としてハイ終わりというものではなく、ヘルパーという非常に独創的、かつインパクト大なモノを採用しています。
プレイヤーがボムのボタンを押すと、画面後方から6機の白い支援機『ヘルパー』が登場し、フォーメーションを組みます。
フォーメーションを組んだヘルパーは、プレイヤーと同じショットを撃ち、プレイヤーの攻撃を支援してくれます。
単純に見て火力が(初期状態のノーマルショットの)6倍になるので、攻撃力はかなりのモノ。
まあ、これだけなら他のゲームでもたまに使われる手法なので、それほど珍しくないものですが、しかし真骨頂はこれから。
ヘルパーは、プレイヤー機と同じくやられ判定を持っていて、敵の弾に当たると被弾し墜落していきます。
しかし、ヘルパーはタダでは撃墜されません。
なんと、敵めがけて墜落し、爆発するのです。
もちろん爆発で敵は大ダメージ。
死なばもろとも、というわけですな。
ここまで熱い味方機、そしてボムがかつてあったでしょうか。
さらにさらに、このヘルパー、フォーメーションを組んでいる時にもう一度ボムボタンを押すと、被弾していなくても、全機、敵めがけて特攻していきます
わが軍に栄光あれ!』という声が聞こえてきそうな感じで、敵めがけて突撃していく支援機ヘルパー。
これぞまさしくカミカゼ
海外版の『大旋風』は『TWIN HAWK』というらしいですが、『KAMIKAZE HAWK』と命名してもよかったような気がしますね。 というか、そもそも何がTWINなんでしょう…?
とにかく、ヘルパーはそれほどインパクトのあるボムとなっています。
願わくば、ヘルパーが無人機であるように…。
なお、ボムボタンを押してヘルパーがフォーメーションを組む前にもう一度ボムボタンを押すと、他のゲームと同じく前方に大きな爆弾を落とします。 爆発までのタイムラグはなく、敵弾を消せる上に、爆発時間は長め。 なので、緊急回避用としても十二分に機能します。
ただ、ヘルパーの使い勝手がよく、またインパクトがありすぎるせいか、こちらのボムはイマイチ影の薄い存在となっていますが。
ちなみにヘルパーはプレイヤー気の移動に合わせて僅かながら左右に動けるので、気休め程度に敵の攻撃を回避する事も出来ます。
何気に、攻略する上では結構重要な要素となっていたりします。
巨大戦艦との戦い。 今だ!カミカゼ特攻!! さすがにラスト付近になると、敵の攻撃もけっこうキビシい。 なまいきにも弾幕なんぞ張って来たりします。

 他に比べて、それほど難しくない子でした
大旋風は地味なゲームですが、それは難易度にも現れています。
極悪なまでに難しくはなく、かといって誰でもクリアできるようなやさしいゲームでもない。
後半はさすがにそれなりに歯ごたえのある難易度となりますが、しかし他の東亜プランのゲームに比べると比較的簡単な方
自機のやられ判定もそれほど大きくはなく、敵の攻撃は基本的に自機を狙って一直線に撃ってくる弾のみ。
また、イヤらしい敵の配置や、知っておかないと絶対に避けれない特殊な攻撃といったものもほとんどないので、結構スイスイ攻撃を避ける事が出来ます。
敵が全て地上物な上に出現場所が完全に固定されているので、徹底的に攻略するならパターン性の強いゲームとなるのですが、しかし大抵の場所はアドリブ避けで何とかなる難しさであり、ついでにプレイヤー機は(デフォルト設定の場合)エクステンドで3〜4機くらい簡単に増えたりします。
したがって、シューティングに慣れた人ならば、それほどやりこまなくても、ワンコインで一周するのはそう難しくありません。
ちなみに私もワンコインで一周出来ます。
シューティングがそれほど得意でない人でも、多少やりこめばかなり先まで進む事も可能。 もちろんがんばれば一周する事も可。
つまり、なんとなく考え無しにプレイしても、けっこうそれなりに進めちゃうんですよね。
難しすぎず易しすぎず、これといって特徴の無い難易度。
ここらへんもこのゲームらしく、なんとなしに地味です。
これが極悪なまでに高難度だったりしたら、別の意味で目立つ作品になったかも。
まあでも、見方を変えれば、これは誰でも楽しめる適度な難易度、つまりバランスの良いゲームだといえますね。
少々難しいと感じる要素といえば、自機のスピードが少し遅めなのと、大型の敵の放ってくる3WAY、5WAY弾の間隔が狭くスピードも速いので、幾分避けにくいという事ですか。
この2つの要素があるので、所々は多少戦略的にプレイしなければならない場合もあります。 まあ、上手い人ならアドリブでもほとんど避けてしまえるんですけど。
しかし、上記の2つさえ気をつけてしまえば、ゲーム自体はそんなに難しくないので、ワンプレイで長く遊べるゲームとなります。
かくいう私も、このゲームは少ない金で長く遊べるゲームとして、よくお世話になったものです。
ドデカい戦車だ。ついでに硬い。 崩壊した街並のグラフィックが細かい。 こだわりが感じられます。

 絵が綺麗な子でした
このゲームは地味でそれほどヒットしなかったため、これに関してはあまり話題にならない事が多いのですが、実は、グラフィックがかなり良いです。
特に背景が秀逸で、色合いなどがカラフルではないため、絵的には地味ですが、ドット絵職人気質を感じさせてくれるような、味のあるくすんだ色使いで描き込まれたグラフィックはすばらしいです。
廃墟、崩れたビル、施設、海辺、崩壊した市街地、港、道路、破壊された道路、水没した土地、住宅地、飛行場、水辺、など、バリエーション豊かな背景は、見てるだけでも飽きません
瓦礫やヒビの入った建物、廃墟や山岳地帯などの細かなグラフィックは、ドット絵が好きな人にはたまらないかも。
他にも、キャラグラフィックなどもけっこうなこだわりが感じられます
硬質な感じの色で描かれた戦車。
撃つと次第にヒビが入っていく中型戦車。
2連の主砲を持つ戦車は、片方が破壊されても残った片方で攻撃してくる。
移動中の戦車を半壊させると、すぐにではなくす少し先で静止する。
敵を倒した場所には残骸と炎が残るが、その炎が時間と共に小さくなっていく。
など、目立たないながら、じっくり見るとかなり細かな部分にこだわりを感じさせるグラフィックと演出があったりします。
こういう、細部まで描きこまれたドット絵のグラフィックは、個人的にはなんか好きですねえ。
崩れたビル、陥没した道路。 まさに戦場跡。 海鮮…もとい、海戦です。 ヘルパーの『特攻野郎Aチーム』攻撃炸裂!

 ループする子でした
大旋風はループゲームです。
一周すると、そのままスタート地点である飛行場に到着。
『Congratulation! Now, you must fight the enemy of Round 2. Good Luck!』のメッセージが表示され、2週目が始まります。
なお、この時、飛行場には着陸せず、休み無しにそのまま2週目が始まるようになっています。
戦士に休息は無いという事なんでしょうかね。
なんともせわしないですな。
2週目は1週目よりも敵の弾が速くなり、難易度が高くなります。
私は3周目くらいまで行った事がありますが、最終的に何週目まであるんでしょうね。
カンストするまでなのかな…?
ボート発着場。 所々ヒビが入ってたりして、グラフィックが何気にムチャクチャ細かいです。 破壊された道路。 爆撃によるものなのか……。

 アイテムは3種類しかない子でした
このゲームのアイテムは、運送用トラック(ボート)を破壊する事で、画面上部から飛来します。
運送用トラックは色で分別されており、それぞれ異なるパワーアップアイテムを放出します。

オレンジ
オレンジ色のトラックを破壊すると、オレンジ色のPマークが出現。
取ると自機のショットが一段階パワーアップします。
パワーアップすると自機のショット幅が広がり、攻撃力がアップします。
最高3段階までアップします。

白色のトラックを破壊すると、白い飛行機のマークが出現。
取るとヘルパーのストックが一つ追加されます。
このアイテムは基本的にヘルパーの所持数が少ないときによく出現し、ヘルパーのストックがある時はあまり出ません。

青色のトラックを破壊すると、青い飛行機のマークが出現。
取るとプレイヤーの残機ストックが一つ増えます。
いわゆる、1UPですね。
めったに出ないので、出ればラッキーでしょう。

緑色の運送用トラック(ボート)を破壊しても、何にも出ません。
いわゆるスカです。
コイツはプレイヤーのショットが一段階以上パワーアップしている時のみ、出現します。

ちなみにこのアイテムを出すトラック(ボート)、耐久力が小型戦車の数倍もあったりします。
運送用トラック(ボート)のくせに戦車より硬いとは、一体何で出来ているんでしょうねえ。


 遊んでみると楽しい子なんですよ
さて、結論ですが、大旋風は地味ながら、やってみるとけっこう楽しいゲームなんですよ。
あまり難しくない難易度に、やってみたらなんだか爽快感があって面白い。
また一周が20分ちょいで終わるなど、プレイ時間もそれほど長くないため、軽い気持ちでワンプレイするモノとしては、うってつけなゲームだったと思います。
まあ、難易度は高くないし、派手な演出も無い、どちらかといえば地味なグラフィックなので、熱中してプレイしまくるという、ガリガリと連続で何度もやり込むようなゲームではないでしょうが。
ただしかし、少し時間の空いた時に軽くワンプレイ、というようなライトでとっつきやすいゲームなのは確かだと思いますね。
実際、プレイしやすいゲームだったのでので、私もヒマ時にちょくちょくこれを遊んでいたものです。
大旋風は、東亜プランのゲームの中では地味であんまり売れなかったタイトルのようですが、私は個人的に気に入ってたりします。

そういえば、大旋風はPCエンジンやめがドライブにも移植されているらしいですね。
やった事無いので、こちらはよく知らないです。
団地でも戦う。 こんなところでも戦車が跳梁跋扈してます。 浅瀬での戦い。 この手の小型艇は東亜プランでおなじみですな。

2002年10月15日


戻る