やたらに銃がデカいガンシュー第二段!

テラバースト

コナミ アーケード


1997年に登場した『テラバースト』は、流れ的に言えば同社の『オペレーションサンダーハリケーン』と同系統のゲームです。
もちろんデカイ画面に振動するデカイガン型コントローラも同じ。
今度の舞台は近未来の地球で、突如地球に侵略してきたエイリアン軍団を相手に、前作同様派手な銃撃戦を繰り広げます。
グラフィックは当時は最新鋭だった基板を使用し、大変美しい。
また敵キャラも、エイリアン兵士や戦車、大型歩行ロボット、戦闘機など多彩で、バリエーション豊富でメリハリのある展開でした。


近未来という設定、超大型の銃型コントローラ、突如地球攻撃を仕掛けてきたエイリアンとの戦い、撃ちまくりー壊しまくりーのといった派手な展開など、この手のゲームが好きな私のハートをがっちりとキャッチするような見事な出だしのゲームだったんですが実際には数回ほどしかプレイしなかったです。
うーん、なんというか、コンセプト自体はものすごくいいゲームで、私も気に入ってたんですが…。


この手のマシンガンタイプのガンシューティングの場合、一発必中の狙う爽快感を味わう拳銃型のガンシューとは違って、バリバリ撃ちまくって壊しまくるという破壊の爽快感を楽しむのが本来のゲーム性なので、基本的に攻撃判定や敵の当たり判定などは多少アバウトでも当たるよう、比較的大きめに設定されているのが望ましいと思うのですが、このゲームでは残念ながらその攻撃の当てやすさという面に関してはどうにもイマイチだったから、というのが私がそれほどプレイしなかった決定的な理由かもしれません。
最後まで行った事は無いので後半以降の展開は知らないのですが、前半のメインの敵キャラであるエイリアン兵士は、一度に数匹からでこれらが一度に5匹から10匹近く現れ、プレイヤーを攻撃してきます。 もちろん、即座に撃って倒さなければならない。
しかし、実際には、銃の攻撃判定が妙に小さく、一匹倒すのもなかなか難しい。
デカいマシンガン型のコントローラというのは、微妙な照準合わせによるピンポイント射撃よりも、とにかく弾をばら撒きつつ豪快に振り回しつつ打ち倒していくというのが楽しいわけですが、このゲームではそれを行うとあまり敵に弾は当たらず、敵を倒すにはライフル銃のような正確なショットが必要になるわけです。
これがツラかったんですよね。
もちろん正確な射撃をするゲームとしてプレイすれば十分プレイする事は出来るのですが、このゲームの銃は大きく重量もけっこうなモノなので、それはが難しい。
オペレーションサンダーハリケーンと同じ形の銃型コントローラを使うこのゲームは、オペレーションサンダーハリケーンの部分でも言ったように、コントローラに結構な重量があり、力の無い人などは持つだけでも一苦労。
なので、通常のプレイスタイルは肩紐を肩に掛けて銃は腰に据えて撃つという形になるわけですが、しかしエアガンなどをかじった人ならば分かるように、この体勢の場合は正確な射撃というのが実はかなり難しいんですよね。
試しに拳銃型のガンシューで、拳銃のコントローラを腰に据えてプレイしてみてください。
恐らく、目の前に構えて撃つよりも遥かに攻撃を当てにくくなるはずです。
とにかく、この小さい当たり判定というのは豪快なガンシューにとっては非常に不適合で、そのため私もこのゲームは余りプレイする気になれませんでした。
画面は当時のセガのモデル3基板と同じ位のクォリティで、爆発は派手派手。 それに敵の戦車などもなかなかイカスデザインだったので、この最大の欠点さえなければ非常に面白い爽快なゲームとして、私もワンコインクリア目指してプレイしていたんですけどねえ。
私にとっては、なんとも残念なゲームだったと思います。

追記:2003年末に、ある方からこのゲームの正式名称が『テラバースト』だというのを教えてもらいました。
それまでずっと、私はこのゲームの事を『トータルバイス』だと思ってたんですね。 ああ恥ずかしい。
ちなみにトータルバイスとは同社の『リーサルエンフォーサーズ』タイプ(リロード有りハンドガンタイプ)のガンシューでした。

2000年12月31日


戻る